Seminars‎ > ‎Seminar Archive‎ > ‎

2017/01/18 第51回 "細胞内1分子イメージングの自動化" (上田昌宏)

2017/01/17 4:34 に Administrator JSSB が投稿
皆様、
新年第一弾の第51回セミナーのリマインドです。今週1月18日水曜日、17:30よりの開催となります。
今回は、理化学研究所生命システム研究センターの上田昌宏先生をお迎えして、細胞内1分子イメージングの最先端についてのお話を伺います。
生細胞内での1分子イメージング分野において、世界をリードしてこられた上田研究室の最新の成果を伺うまたとない機会ですので、皆様お誘い合わせの上ぜひご参加ください。セミナー後には上田先生との夕食も予定しておりますので、こちらにも皆様のご参加をお待ちしております。

*今回は会場が Rangos 490となっております。普段使用している Abel Library のドアに背を向けてまっすぐの橋を渡った左手です。ご注意ください。
***************************************************************************
 
上田 昌宏​ 先生
理化学研究所 細胞シグナル動態研究グループ グループディレクター

タイトル: 細胞内1分子イメージングの自動化
要旨:
細胞内1分子イメージング解析法は、細胞内の分子動態の量子的振る舞いから分子集団の統計的な挙動まで、詳細かつ幅広い知見を得ることができる。そのため、細胞レベルでの複雑な現象を定量的に記述し、その結果を数理モデル化することも可能となってきた。しかしながら、生命科学分野において必ずしも主要な汎用性のある実験手法となり得ていない。その要因として、顕微鏡観察や計測、データ解析などの一連のプロセスの高速化や効率化が難しいことが挙げられる。現在でも画像取得には多くの人手と時間を要しており、加えて、統計解析のための専門的な知識や職人的実験技術が必要とされている。このために、膨大な分子種からなる細胞内分子反応ネットワークについて網羅的に知見を取得することが困難であった。最近我々は、1分子イメージングからデータ解析に至るまでのプロセス全てを完全に自動化し、多種多様な設定条件下で分子動態の大量計測を行うことができる顕微鏡システムの開発に成功した。今回の発表では、この自動化システムの概要とEGF受容体のシグナル伝達に応用した結果について紹介したい。


開始時間; 5時半
​ 
​会場;Rangos 490

スポンサー;dojindo様
 
会場へのアクセス:
 
車の方→N. Wolfe stに路駐可(~$0.5/hr)
 
 
1. Preclinical Teaching Building (PCTB、N. WolfeとMonumentの北東角)に入る。
2. フロントでIDをみせてサインアップし、リストバンドもらう。
3. 行き先は490 Rangos と書いてください。
4. Green Cafeを通り過ぎた奥のエレベータで3階へ。
5. 右(北方向)へ向かい、Rangos Research Buildingにつながる橋を渡る。
6. 490 の部屋は橋を渡ってすぐ左にあります。

*Rangosビル入り口はエレベーター起動に専用バッヂが必要です。
 
当日の連絡先
410-419-6500(中村cell)
 HP: http://www.jssbaltimore.com/home
 
中村
Comments