Seminars‎ > ‎Seminar Archive‎ > ‎

2014/09/11 第26回 "神経変性疾患と酸化ストレス" (中別府雄作)

2014/09/11 5:17 に Administrator JSSB が投稿   [ 2014/09/11 5:22 に更新しました ]
皆様、

第26回JSSBセミナーは9月11日木曜日17:30より開催致します。今回はわざわざ日本から九州大学の中別府雄作先生をお呼びしてお話を伺えることになりました。アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患に関して、酸化ストレスという視点から大変興味深いお話をしていただけると思いますので、皆様ぜひともご参加ください。先生はジョンズホプキンスに留学された経験をお持ちで、制限酵素の発見によりノーベル賞を受賞されたDaniel Nathans先生の研究室に在籍されていたとのことなので、当時のホプキンスについてもお話を伺えるかもしれません。


今回は会場がいつもと違い、Woods Basic Science Building 303 (Abel Library)となります。普段の会場 Rangosの490から、渡り廊下(橋?)を渡ってまっすぐ突き当たりの部屋となります。他のビルからお越しの方はいつもの通りに渡り廊下を渡る前、エレベーターホールのエレベーターに向かって右側ですので、ご注意ください!
(外部からお越しの方は、メール末尾に会場へのアクセス方法をのせております。)
また、今回の会場は5時半まで別件でふさがっておりますので、もしかすると皆様にも会場前でお待ち頂くことになるかもしれません。ご不便をおかけするかもしれませんがどうぞ宜しくお願い致します。

皆様のお越しをお待ちしております!

****************************************************

中別府 雄作 教授 (理博)
九州大学 生体防御学研究所 脳機能制御学分野
九州大学 ヌクレオチドプール研究センター

『神経変性疾患と酸化ストレス』

 脳・神経組織は,その機能,すなわち「神経興奮と神経伝導に関連したイオンの能動輸送」の維持に膨大なエネルギーを必要とする。成人脳の重量は全体重の2%前後であるが、脳機能を維持するには安静時に全身で消費するエネルギーの20%程度が必要とされることからも、脳機能を維持する上でエネルギー供給がいかに重要か、一目瞭然である。生体はグルコースの代謝で得られるATPを主要なエネルギーとして利用するが,そのほとんどがミトコンドリアでの酸素呼吸に依存して合成される。
 通常、グルコースは解糖系でピルビン酸まで代謝された後,ミトコンドリアのTCAサイクルに入り,電子伝達系と共役した酸化的リン酸化により高エネルギー化合物であるATPに変換される。ミトコンドリア電子伝達系の複合体I〜IVの間では電子が受け渡され,その時の酸化還元電位差によるエネルギーがATPに変換されるが,この電子伝達系から電子の一部が漏出して酸素分子に直接付加されるとスーパーオキシドを生じる。生理的な条件下においてミトコンドリアでの酸素呼吸により消費される酸素の数%がスーパーオキシドをはじめとする活性酸素に転換されることが明らかにされている。脳組織は他の組織の10倍以上の酸素を消費することから,活性酸素の生成も非常に高いと考えられている。
 アルツハイマー病やパーキンソン病などの老化に伴い発症頻度が増加する神経変性疾患の主要な原因の1つとして酸化ストレスが注目されている。多くの神経変性疾患患者の剖検脳の解析から,脳組織に脂質やタンパク質の酸化体に加えて核酸塩基の中で最も酸化されやすいグアニンの酸化体である8-オキソグアニンが多量に蓄積することが報告されており,神経変性が酸化ストレスをともなうことを示す根拠と考えられている。
 本講演では,アルツハイマー病に注目し,九州大学久山町研究における剖検脳と動物モデル、iPS細胞由来神経細胞における解析の結果を紹介しながら、認知機能障害や神経変性に至る過程に酸化ストレスがどのように関与するのかを考えてみたい。​

*******************************************************

スポンサー:島津様


会場:Woods Basic Science Building 303 (Abel Library)

会場へのアクセス

車の方→N. Wolfe stに路駐可(~$0.5/hr)

1. Preclinical Teaching Building (PCTB、N. WolfeとMonumentの北東角)に入る。
2. フロントでIDをみせてサインアップし、リストバンドもらう。
3. 行き先は303 WBSBと書いてください。
4. Green Cafeを通り過ぎた奥のエレベータで3階へ。
5.  エレベーターを降りてすぐ左の突き当たりが303 WBSB (Abel Library) となります。
*Rangosビル入り口はエレベーター起動に専用バッヂが必要です。​


当日の連絡先
443-287-7668 (井上office)
410-419-6500(中村cell)

​中村
Comments